一般的なギルドのルールの検証と現状

一般的なギルドのルールの検証と現状

ヒーローウォーズには無数のギルドが存在し、それぞれルールを設けて運営していると思います(何もルール無しも含めて)。

上位リーグを目指すギルドでは、「その意志に沿わない方は遠慮していただくため」にルールを厳格化しているギルドも多くあると思いますので、その代表例を検討してみます。

ゲームが「ギルドは家族だ」と言っている様に、コミュニケーションを拒否する方はギルドのルール以前の問題で、追放&ブラックリストになり、複数のギルドで繰り返すとだんだん居場所がなくなってしまいますので、団体戦ゲームの最低限のマナー(挨拶や意思確認)を守って楽しくゲームをしましょう。

アリーナ&グランドアリーナでの対戦禁止

どちらのアリーナでも、ギルドメイトの順位を落とせばそのメンバーの強化が遅れ、ギルド全体の戦闘力の成長が遅れます。

このルールは「力試しをしたければギルドバトルでお願いしろ」となると思いますが、ペットを交えた総力戦はギルドバトルでは出来ないので、イベントクエストで「アリーナで負ける必要がある」時などにPMを送り願いして解消しましょう。

「プライベート」アドベンチャーの開催禁止

これは当ギルドでも前向きに検討したい課題です…

「プライベート」アドベンチャーの開催に気が付けば、こういう感情(一部実際の反感PMを脚色)を抱くのは簡単です。

強い開催者「弱いやつが参加するとクリアできないから、強い人だけ招待したいからプライベート♪」

強くない人A「じゃ直接言うか、ギルドチャットで言えよ」
強くない人B「ギルド内に派閥作りたい人なんだ、へぇ~」
強くない人C「弱いと邪魔って言いたいんだ…」
強くない人D「ギル戦で”ナイスです”とか言ってるけど、”弱っ”が本音じゃん」

普通の人「ギルドメイト信用していないんだ」

強い人「開催者とつるんでいる居ると思われたくない、招待受けたのみんなにバレたくない…」

「プライベートアドベンチャーを開くなら、皆に事前告知できるそれなりの理由はあるか?」を考えましょう。

例えルールになくても、皆に公正命題に事前告知出来ないなら、ギルドに不協和音を残すだけなので、控えるべきと思います。

アドベンチャーの消化数は全メンバーに公開されますので、本人が「秘密裏に、こっそり」と開催したつもりでも、結構多くのギルドメンバーが見ています。

活動量

1週間の活動量にノルマを設けているギルドは多い様です。

ゆるいギルドでは毎週決まった曜日に足切りチェック、厳しいギルドでは毎日(ギルドマスター・将軍の抜き打ちチェック)一定のギルド活動をしていないと、問答無用で追放になります。

ちなみにJ-Friendsでは現在(2021/7/15)、「ログインした日は700以上のギルド活動」を義務化しています。仕事や私用でログインできない日はともかく(そこまでの強要はしない)、「ログインしたら(遊べる日は)最低エンチャントで700を稼ぎギルドに貢献しなさい」と言う理由からです。

課金

ゴールド所属の強豪ギルドでは、課金が在籍条件になっている所もあります。

正直、スピード感を持って強化を進めるには「ヴァルキューレの寵愛」は必須でしょうし、ダンジョンの採掘数も伸びませんから他のギルドメンバーにもわかってしまいます。

また、イベント時の課金では「与える側ともらうだけの側」に別れてしまいますので、ギルド内がギクシャクすることを避ける意味で「イベント課金」を義務化しているギルドもある様です。

当然ですがゲーム開発・運営にはお金が掛かっていてますから、それに対価を払うメンバーとそうではないメンバーの混在は、上位を目指すギルドに望ましいとは思えないので、シルバーリーグ以上のギルドに加入し続けるなら、最低限の課金は必要と思います。

アドベンチャーのレイド禁止

これは2つの意味があると思います。

  1. ギルドメンバー同士のコミュニケーションを向上
  2. ギルドメンバーの強化のチャンスを奪わない

1.は仲良く運営を目指す意図で、2.は強いギルドにありそうです。

アドベンチャーは11.12などとても難易度が高く、「ひとりでもちょっと弱い人が参加するとクリアできない」ので、「強い人がレイドでポータルを消費して、皆の強化を妨げない」って意図かと思いますが、「明日仕事忙しいし」などもあるので、疑問を持ってしまうルールと思います。

関連記事

  1. ギルド戦の「フリーアタック」は「神風特攻指令」ではありません。

    ギルド戦の「フリーアタック」は「神風特攻指令」ではありません。

  2. 699以下のギルド活動を続ける方へ

    保護中: 699以下のギルド活動を続ける方へ

  3. 求められる(ノルマ)活動量を達成する日々のプレイ方法

    求められる(ノルマ)活動量を達成する日々のプレイ方法

  4. もう少しで「召還クエスト」をクリアできるメンバーへ

    もう少しで「召還クエスト」をクリアできるメンバーへ

  5. ギルドの各種設定

    ギルドの各種設定

  6. J-Friendsメンバー向けブックマーク

    J-Friendsメンバー向けブックマーク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。